Webtech Walker

phpの$_FILESについてのメモ

PHPでフォームでファイルをアップロードしたときにデータを受け取る$_FILESについて調べたのでメモっときます。

$_FILES変数の中身

$_FILES['image_file']['name']
アップしたファイルの元のファイル名。
$_FILES['image_file']['type']
アップロードされたファイルファイルのMIME型。jpgだと「image/jpeg」テキストファイルだと「text/plain」などになります。
$_FILES['image_file']['size']
アップロードされたファイルのバイトサイズ。
$_FILES['image_file']['tmp_name']
サーバーにアップ後のテンポラリファイルの名前。基本的にこのファイルをコピーして保存したりする。
$_FILES['image_file']['error']
ファイルアップロードに関するエラーコード。

エラーコード

$_FILES['image_file']['error']で得られるエラーコード

エラー内容
0 アップロード成功
1 ファイルサイズがphp.iniに設定されたupload_max_filesize値を超えている
2 ファイルサイズがフォームで設定されたMAX_FILE_SIZE値を超えている
3 一部分のみしかアップロードされなかった
4 アップロードされなかった(ファイルがないときなど)
6 テンポラリフォルダがない(PHP 4.3.10 と PHP 5.0.3 で導入)
7 ディスクへの書き込みに失敗(PHP 5.1.0 で導入)
8 拡張モジュールによって停止された。(PHP 5.2.0 で導入)
このエントリーをはてなブックマークに追加