Webtech Walker

FirefoxのアドオンHtml Validatorについての覚え書き

Html Validatorって何?

マークアップをする人は必ずHTMLのバリデーションを行うと思うんですが、そんなときにすごく便利なFirefoxアドオンがHtml Validatorです。いちいちlintやW3Cバリデーターを開いてバリデーションするのって結構面倒でじゃないですか?このアドオンを入れておくと、ブラウザの表示チェックと同時にバリデーションできます。

Html Validator :: Add-ons for Firefox

アドオンをインストールすると、HTMLをチェックした結果がブラウザの右下に以下のようなアイコンで表示されます。

Html Validatorのアイコン

緑のチェックはValidってことです。エラーがあると赤い×が、警告があると三角のびっくりマークのアイコンが表示されます。また、以下のようにソースを見るだけでエラーの内容や該当箇所もわかります。

ソース画面

アルゴリズムの違い

「オプション」>「アルゴリズム」で、「HTML Tidy」、「SGML Parser」、「併用」の3種類から選べます。「HTML Tidy」ではオープンソースの HTML チェックプログラム「HTML Tidy」のアルゴリズムでチェックを行います。「SGML Parser」は、W3Cのバリデータと同じロジックでチェックします。「併用」を選ぶと、まず「SGML Parser」でチェックして、エラーがなければ「HTML Tidy」でチェックします。

例えば「SGML Parser」では、table要素にsummary属性がなくてもValidを表す緑のチェックになりますが、「HTML Tidy」では警告がでます。単にvalidなHTMLにするだけなら「SGML Parser」でいいと思いますが、僕は「併用」を使用するようにしています。

不許可サイト

最近知ったのが不許可サイトの設定です。googleAdsenceを入れているサイトではgoogleAdsenceのエラーもカウントして、エラーのアイコンがでてしまいます。

google Adsenceがエラーになる

そういった場合、「オプション」>「自動的に閲覧中のページを文法チェック」の横の「例外」ボタンを押すと、不許可サイトの設定ができるウィンドウが立ち上がります。ここでチェックしないサイトを設定すると、指定したサイトはチェックしなくなります。

不許可サイトが設定された

かなり便利なアドオンだと思うので、もし使ったことがなければ一度使ってみてはいかがでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加