Webtech Walker

FlexSDKをインストールしてみた

環境はMacOSX10.5でインストールしたのはFlexSDK3です。

FlexSDKのインストール

ここからダウンロードする。

http://sourceforge.net/adobe/wiki/Projects/

設定してパスを通す

解凍したファイルを/Developer/SDKs以下に設置します。ディレクトリ名をflexsdk3→flexにリネームしました。

設置したら/Developer/SDKs/flex/binにパスを通します。僕の場合パスの設定はzshrc.mineに書いているので、zshrc.mineに以下を記述しました。

export PATH=/Developer/SDKs/flex/bin:$PATH

動作確認

以下のコードをtest.mxmlで保存します。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<mx:Application xmlns:mx="http://www.adobe.com/2006/mxml" layout="absolute">
    <mx:Label text="Hello World!!" fontSize="40" />
</mx:Application>

保存したら下記コマンドでコンパイル。

$ mxmlc test.mxml

これでSWFが生成されるのでFlasyPlayerで確認しましょう。

Flash PlayerでHello Worldが表示されている

ばっちりですね。デバッグ版Flash playerはここからダウンロードできます。

http://www.adobe.com/support/flashplayer/downloads.html

traceのログ出力設定

/Library/Application Support/macromedia/mm.cfg

をつくって、以下を記述します。

ErrorReportingEnable=1
TraceOutputFileEnable=1

出力先は固定で、下記ファイルにはかれます。

~/Library/Preferences/Macromedia/Flash Player/Logs/flashlog.txt

テストしてみましょう。

// traceTest.as
package {
    import flash.display.*; 
    public class traceTest extends Sprite {
        public function traceTest() {
            trace("traceのテスト");
        }
    }
}

これをコンパイルしてFlasyPlayerで起動するとログがはかれるはず。

$ mxmlc traceTest.as
$ open -a Flash\ Player traceTest.swf
$ tail -f ~/Library/Preferences/Macromedia/Flash\ Player/Logs/flashlog.txt
traceのテスト

おーでてる。ちなみに最近カヤックからリリースしたwonderflというサービスを使えば環境を用意することなくASのコードをコンパイルして試すことができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加